by

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多可幸
Posted by多可幸
by
  • Comment:0

こんにちは
訪問ありがとうございます。

前回紹介した
「子どもの頭がよくなるお父さんの行動」の章は次のようになっています。

第1章 おとうさんにしかできない仕事があります
第2章 子どもの成績が上がる家庭学習のヒント
第3章 家族で「早寝早起き朝ごはん」頭のいい子になる生活習慣
第4章 魂を揺さぶる感動体験が子どもの脳を成長させる
第5章 家族の絆の結び方~大切にしたい家族コミュニケーション~
第6章 私の子育てヒストリー。子育て卒業期の私から子育て中のあなたへ
第7章 父だからこそ考えたい、これからの時代の進路

第1章の内容をひとつ紹介します。

スポンサーリンク

--------------------------------------------------------------------------------
本当の「イクメン」になる

最近、「イクメン」という言葉が話題になっています。
子育てにかかわるお父さんという意味の新しい言葉でおしゃれだと思いますし、お風呂に入れたりオムツを替えたりして育児に協力するのはいいことだと思いますが、母親の価値観が幅をきかせているこのごろ、もう少し男性的思考法が復権してもいいのではないかと感じています。特に男の子を育てる時にそう思います。
 そのために私が一番お父さんに伝えたいことは、なにより、お父さん自身が人生をたのしんでくださいということです。
 好きなことや趣味を楽しんで下さい。家族で旅行に行って遊ぶのも素敵です。本来、人生は楽しむものです。子どものために一生懸命働くだけではなく、父親が一人の人間として人生を楽しむ様子を見て、子どもたちも人生は楽しいものと理解して、それぞれの楽しみを見つけていくと思います。せっかくの趣味なので家族を巻き込んだら楽しさ倍増です。そしてお父さんが楽しむ様子は家族にとっていいお手本になります。
 「うちのオヤジは何に熱中しているんだ。バカじゃない?」と呆れられながらも、「うちのパパってなんだか楽しそう」と子どもに思わせるほうが、カッコイイじゃないですか。それが本当のイクメンです。いつも楽しいことを思いついて家族を巻き込んで遊ぶお父さんには求心力があり、なんだかんだ言われながらも家族から敬愛されます。
 教師の私が言うのもおかしいかもしれませんが、生きる楽しさが子どもに伝われば勉強はついてきます。夢の実現には、勉強が必要だということがわかるから。それがわかれば、成績もぐんぐん上がっていくものです。

---------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
多可幸
Posted by多可幸

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。