by

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多可幸
Posted by多可幸
by
  • Comment:0

こんにちは
訪問ありがとうございます。

----------------------------------------------------------------------------
脳にいいほめ方②
評価するのではなく、子どもの存在を肯定することばを

ほめる・叱るは、あくまでもそのとき、その場の行動に対しての評価。いつまでも叱り続けたり、こどもの気持ちをコントロールするようなほめ方をするのではなく、「そのままのあなたが大好き」など、存在を肯定するメッセージを伝える。

「あなたがいてよかった」

 子どもの健やかな成長においては、ただほめるだけではなく、存在そのものを認めることが何よりも大切。「○○してえらかったね」「○○しちゃだめ」とほめたり叱ったりすることも成長には必要ですが、それは子どもの行動に対しての「評価」。
 子どもにとってもっとも重要なことは、大人や世界から自分が認められている、という「存在の肯定」です。
 子どもが失敗したり、落ち込んだりして自身を失っているときこそ、「あなたがいてくれるだけでいいんだよ」と、伝えてあげましょう。子どもは大人が本心でほめているのか、そうではないか、が敏感に見抜きます。
 子どもに対しては対等に、素直な気持ちで「いつもあなたのことを見ているよ」というメッセージを。それはほめること以上に子どもの成長の支えになります。
--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
多可幸
Posted by多可幸

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。