FC2ブログ
by

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多可幸
Posted by多可幸
by
  • Comment:0

こんにちは
訪問ありがとうございます。

前回にひきつづき「食べるならどっち」という本から紹介です。
子どもたちに少しでもよいものをということで、果汁100%ならと思う方も多いのではないでしょうか

-------------------------------------------------------------------------------
100%果汁飲料

果汁100%と銘打った果汁飲料が数々出回っています。「果汁を味わいたい」「果汁だけなら安心」ということで、買い求めている人も多いと思います。
 しかし実際には、そのほとんどは「果汁100%」ではないのです。なぜなら、香料が添加されているからです。
 それらの製品の原材料を見ると、いずれも「濃縮還元」と表示されています。つまり、りんごやぶどうなどの果物から果汁をしぼり、それらからいったん水分を蒸発させて濃縮し、そして製品化する際に水分を加えて元の状態に戻したものなのです。こうすることによって容積を減らすことができ、輸送や貯蔵のコストを低減することができるのです。
 しかし、濃縮還元の過程で、果物の特徴である香りが失われ、果汁らしさというものがなくなってしまいます。そこで、香料を添加することによって、果物のにおいらしきものを付けているのです。ですから、厳密に言えば、「果汁100%」ではないということになるのです。
 これは不当な表示とも思えるのですが、通常香料の添加量は全体の0.01%以下と少ないため、ほとんど影響がないということで、取締りの対象にはなっていないようです。それでも消費者からすれば、「果汁100%」と表示されていれば、「果汁だけつかわれている」と思うのは当然でしょう。したがってだまされたような気分になる人も多いと思います。
 そんな中で【コーシン 温州みかん100%】には、香料が添加されていません。味わいもすっきりしています。
 一方その他の製品には、香料やビタミンCが添加されています。
【信州産 巨峰ミックス】には、さらに酸味料が添加されているため、酸味が強すぎて、不自然な味になっています。

※香料は合成が約130品目、天然が600品目もあり、中には毒性がつよいものもあるが、何がつかわれても「香料」としか表示されない
--------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト
多可幸
Posted by多可幸

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。